できもの(おでき)について徹底解説

できものとは

できものとは、皮膚などに生じる腫瘍やしこりのことを指します。種類によって体のあらゆる部位に生じ、色や硬さも様々です。 原因は良性・悪性の腫瘍だけでなく、イボやニキビなどもあげられます。
痛みなどの自覚症状はないことが多いです。

しかし進行した場合には痛みや出血、悪臭などの症状がでたり、大きさや見た目が変化する場合もあります。
悪性腫瘍の場合もちろんのこと、イボや粉瘤であってもなるべく早期に手術することが患者様の負担を軽くすることに繋がるので、違和感があったらすぐに医師に診てもらうことをおすすめします。

できものの種類

粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)とは、表皮嚢腫とも呼ばれる良性の腫瘍です。
皮膚の下に袋状の組織ができ、そこに皮脂や角質といった老廃物が溜まったものです。

はじめはほとんど目立つことはなく、ニキビやしこりのように感じます。しかし、粉瘤は放置すると皮膚が隆起するほど大きくなり、独特な臭いを放ったり、細菌などの感染により炎症を引き起こす可能性があります。
ニキビやふきでものと違い、粉瘤は手術を行わない限り根治できないのが特徴で、ご自身で潰してしまうと炎症の恐れがあり、さらに組織が残ると再発するため、なるべく早く処置する必要があります。

ウイルスの感染や怪我、体質などが主な原因とされていますが、詳しい原因は分かっていません。
炎症の原因は細菌感染以外にも粉瘤が潰れることで老廃物が皮膚内部に広がることがあげられます。

脂肪腫(リポーマ)

脂肪腫とは皮下に発生する良性の腫瘍のことです。身体中どこにでも発生の可能性があり、大きさは直径2,3mm~10㎝以上のものまで様々なものがあります。
一般的に痛みや痒みといった症状はないのですが、放置しているとどんどん大きくなり目立ってしまいます。脂肪腫は自然治癒することはなく、内容物は液体状ではないので注射器を使って吸い出すことも困難です。根治には手術が必要になります。

目立つほど脂肪腫が大きくなってしまうと、患者様の負担が大きくなってしまううえに、脂肪腫自体は良性の腫瘍ですが、よく似た症状や見た目の悪性腫瘍もあるので、なるべく早く手術して取り除くことが重要です。

詳しい原因はわかっていないのですが、一般的には肥満や糖尿病や遺伝が関係あると言われていて、服が擦れるといった外部からの刺激を受けやすい場所にできる傾向があります。

石灰化上皮腫(毛母腫)

皮膚の一部に石灰化が起こり硬い石の様な塊ができる良性の腫瘍の1つです。
基本的には痛みなどはありませんが、押すと痛みが出たり、痒みを感じることがあります。

腫瘍が大きくなると皮膚が薄い部分では青黒い色に見えることもあります。
感染や異物反応を起こすことがあり、その際には痛みや痒みが強くなって、時には皮膚に穴が開いてしまうこともあるのですぐにでも手術して切除する事をおすすめします。

詳しい原因は分かっていませんが、若年者の腕や頸などに発生することが多く、女性に少し多いのが傾向としてあります。

ほくろ

誰にでも1つはありチャーミングポイントなどにあげられるほど身近なほくろではありますが、正しく見分けないと危険なものでもあるのです。
それは、ほくろを皮膚がんと見分けることが非常に難しいからです。診療でも患者様からの症状や状況をじっくり伺ってから検査をします。

ほくろが悪性であると疑いが強い、リスクが高いと判断した場合には、手術で切除し病理検査を行うことで診断が確定します。
当医院は患者様の症状や状況に合わせた適切な治療法を提案しますので、少しでも皮膚がんの特徴と似ていたり、ほくろが気になる方は診断を受けることをおすすめします。

イボ

イボといっても様々な種類があり、その原因や見た目も様々です。炎症や日常生活に支障をきたすものもあるので、大きくなって綺麗に直すことが困難になる前に医者に相談するのが良いでしょう。

イボ(尋常性疣贅)

最も一般的なイボ。原因はHPVで、皮膚にできた小さな傷から感染し発症します。形状は様々あります。

水イボ(伝染性軟属腫)

子どもが発症しやすいイボです。原因はポックスウイルスで、表面が白くなめらかな数mm以下のイボができます。

老人性イボ(脂漏性角化症)

加齢によりできやすいイボですが、20代で発症する方も少なくありません。 体幹などにできやすく、茶や黒褐色をした良性腫瘍です。加齢により増加しやすく、シミが隆起し、イボになることがあります。

アクロコルドン(首イボ)

皮膚が柔らかく薄い首、脇や鼠径部にできやすく感染症のイボではありません。服や装飾品が引っかかり、チクチクしたり、炎症を起こすことがあります。

皮膚線維腫

成人女性に多く、腕、大腿部や脚などに現れる硬く隆起性の腫瘍です。 時折、痛みや痒みを生じますが無症状な事も多いです。原因ははっきりしていませんが、虫刺されや外傷に反応して発生することもあります。

基本的には外科的切除になります。 大きいものや、増加傾向にあるものは、まれにDFSP(隆起性皮膚線維肉腫)という悪性腫瘍との鑑別が必要なため、顕微鏡による検査(病理検査)を行います。大きくないものや症状のないものは経過観察とすることもあります。

外骨腫

形成外科領域では主に前額部(オデコ)や頭蓋、爪の下によく見られる良性のできものの一つです。 前額部や頭蓋では疼痛はありませんが、整容面の問題で切除を希望する患者様が多いです。

基本的には手術による摘出を行います。骨に出来る腫瘍ですが、局所麻酔で切除することが出来ます。 ツチとノミを使用して、摘出します。摘出した組織は病理検査に提出します。創部は細かく縫合することで出来るだけ目立たないようにします。

ガングリオン

関節には骨と骨を繋ぐ関節包があります。関節包の中には潤滑油である滑液が溜まっています。 これがなんらかの原因で外に漏れ出し、袋状の腫瘍になっています。

主に手関節に出来ますが、指の付け根の腱鞘などからも出来、治療は保存療法または外科的な摘出になります。 保存療法による穿刺吸引で再発を繰り返す場合に手術による治療を考慮する場合が多いです。

神経線維腫

柔らかく少し赤い良性の皮膚腫瘍で様々な大きさのものがあります。単発性のものと多発性のものがあり、多発性の場合にはフォン・レックリングハウゼン病を疑います。 痛み等の症状はありませんが、整容面で摘出する場合が多く、外科的な切除を行います。

神経鞘腫

末梢神経のシュワン細胞から出来る良性腫瘍で、皮下などの軟部組織に発生しますが、脳、脊髄、消化管など、いろいろな部位に生じます。 皮下の神経鞘腫は圧迫すると痛みを生じ、外科的に治療を行います。大きな神経から発生している場合には術後に神経障害が起きるため、慎重な治療が必要になります。

脂腺母斑

生まれつき存在する黄色のあざで、頭部によく出来ます。思春期あたりに大きくなり始め、その時に気づく場合もあります。 まれに腫瘤となり悪性化することもあるため、切除が考慮されます。

表皮母斑

新生児からある表皮の過形成によるあざです。新生児の1000人に約1人に発生するとされていますが、原因は不明です。 自然消退はなく、徐々に母斑の範囲も大きくなります。手術による切除か、メスで浅く削る治療を行うことがあります。

できものの治療方法

粉瘤の治療

粉瘤は以下の2つの手術法を用いて摘出します。

  • くりぬき法
  • 切開法
くりぬき法

特殊な器具を用いて皮膚に素早く小さな穴をあけ、粉瘤の内容物を絞り出します。 その後しぼんだ袋状の組織を引き抜いく手術法です。 手術時間は5分~20分と短い時間で負担も少ない手術法です。

切開法

粉瘤直上の皮膚を切開し、粉瘤をまるごと摘出する手術法です。 再発する可能性が低いため、患者様の状態によって切開法を選択する場合があります。 当院の治療は痛みを軽減し、手術痕も残らないような手術を行っています。 また、たとえ炎症性の粉瘤であっても、事前の診療で適切に判断し、基本的には入院せずに日帰りで手術が可能です。

脂肪種の治療

脂肪腫の治療は基本的には外科手術を行います。
他の疾患と鑑別するために診察を行い、最善の選択をしていただきます。

当院では傷跡を目立ちにくくするように、形成外科専門医が患者様の状態に合わせて最適な手法で手術致します。痛みの軽減はもちろん、脂肪腫の手術であっても適切に判断し日帰りでの手術を受ける事ができます。

石灰化上皮腫(毛母腫)

石灰化上皮腫の治療法は外科的切除になります。 簡便で侵襲もないためエコーにて診断を行い、手術を行います。 石灰化上皮腫は石の塊なので、状態によって取り出せる範囲を切開したり、小さい穴を開けて石を砕きながら摘出する場合もあります。 また、悪性腫瘍との鑑別が必要な場合もありますので、術後は病理検査にて判断が必要になります。

ほくろ

ほくろは手術で切除し病理検査を行います。 治療では綺麗な仕上がりを心がけ、患者様の症状や状況に合わせた適切な治療法をご提案します。 盛り上がったほくろを含め、基本的にはレーザーでの治療が有効ですが、レーザー治療は複数回受ける必要があり時間がかかることや、悪性だった場合レーザー治療は有効ではありません。

イボ

イボの治療で保険が適用される方法は「液体窒素治癒」と「イボ剥ぎ法」です。

液体窒素治療

マイナス196度のスプレーを吹きかけることで、ウイルスに感染した細胞を破壊します。 治療には痛みが伴い、治るまでには数か月にわたり通院が必要になります。

また、液体窒素治療は免疫を活性化させる効果があり、ウイルスの排除も期待できます。

イボ剥ぎ法

局所麻酔を行ったうえで手術によりイボを切除します。1回の治療での完治率が高く、形成外科で受けることで傷痕の心配もありません。

治療後の注意点

特に切開などの手術があった場合、術後当日・翌日は飲酒、運動や入浴などは出血のリスクがあるため控えてください。 術後1~3日はガーゼーを貼り、血が滲むため毎日交換します。

血や体液でガーゼが汚れなくなったら、テープを貼って過ごすようになります。 傷痕は2~3週間で一度硬くなり、徐々に柔らかくなっていきます。この時の注意点は、シャワーはガーゼを交換すれば問題はありませんが、入浴は感染の可能性があるため抜糸までは避けてください。

また飲酒についても治りが確実に悪くなるので、最低手術後3日間、可能ならば1週間は控えるようにしましょう。 患者様の体質や環境によってはケロイドや肥厚性瘢痕になる場合があります。 部位や傷・腫瘍の大きさなどによりこれらの制限の内容や期間は変わってきますので、状態を見ながら医師がしっかりご説明いたします。

できものの予防とは?

粉瘤ができる原因は体質であることが多いですが、ウイルスやケガも原因のひとつであるといわれています。 体質でできる場合には予防することは難しいですが、ニキビによる組織の破壊と治癒を繰り返すことで粉瘤ができる場合もあるため、ニキビの治療をしっかり行うことで毛穴に老廃物を溜まらないようにすることも大切です。

昔はビタミンCや内服や抗生剤の経過で様子をみることが多かったのですが、現在ではピーリング作用のある薬や、殺菌作用のある塗薬が保険適用として良く使われています。 角質をとることで皮膚の老廃物が溜まりにくくなり、皮膚の状態を正常化することができます。 市販などではあまり効果のない治療薬が沢山販売されているので、しっかりクリニックで診断を受け、予防していくことが重要になります。

当院での治療

当院ではまず手術の前の検査において、患者様の容態をしっかり伺います。検査の結果と患者様の状態に合わせた治療方法を詳しくご説明し、インフォームドコンセントを重視して、最善の治療を行います。 基本的に炎症性の粉瘤であっても日帰り手術を可能にしておりますので、短時間での処置をすることができます。

できものについて不安がある方、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事