粉瘤(アテローム)の症例

手術月間500件以上の治療を行っている専門医師が対応

当院では日本形成外科学会専門医の資格を持つ医師による日帰り手術を行っております。安全で再発リスクが少なく見た目にもきれいな仕上がりの手術を行っています。

 

その他の症例はブログにて摘出画像と動画を合わせて解説しています。

 

年/月 件数
2020年7月 423件
2020年8月 457件
2020年9月 481件
2020年10月 492件
2020年11月 512件
2020年12月 528件

症例①

Before

症例の詳細 頸部の3㎝大の粉瘤を3㎜パンチで切開し切除しています。

After

症例の詳細 術後1ヶ月の状態 傷痕が一番硬くなる時期です。1ヶ月でも目立ちにくくなります。3~6ヶ月経てば傷痕は柔らかくなり、更に目立ちにくくなります。

主なリスク:傷跡、ケロイド、内出血、疼痛、再発

症例②

Before

耳裏の腫瘤です。くりぬき法で切除することも可能ですが、皮膚が余ってしまうリスクがあったため、伸びた皮膚の切除を兼ね切開法を用いました。

After

1週間後の抜糸時の傷痕です。これから綺麗になっていきます。

主なリスク:傷跡、ケロイド、内出血、疼痛、再発

症例③

Before

臀部の粉瘤です。2cmを超える大きな腫瘍でしたが、くりぬき法により摘出しました。

After

術後1ヶ月です。傷はまだ硬いですが、徐々に柔らかくなり目立ちにくくなります。

主なリスク:傷跡、ケロイド、内出血、疼痛、再発