脂肪腫(リポーマ)手術について

脂肪腫(リポーマ)手術の前に

他の疾患と鑑別するために、診察を行います。問診と併せて視診や触診を行います。腫瘍のある部位や深さ、腫瘍の大きさによってはエコー検査、CT検査、MRI検査といった画像検査が必要になります。
検査の結果と患者様の状態に合わせた適切な治療方法について詳しくご説明します。基本的に脂肪腫の治療は外科手術による摘出です。
麻酔を含む手術の内容や術後の経過、注意事項などについても分かりやすくお伝えします。
最善の選択をしていただき、患者様に納得していただくために、当院ではこうしたインフォームドコンセントを重視しています。

日帰り手術に対応

当院では、脂肪腫の手術が日帰りで受けることができます。ただし、腫瘍に悪性の疑いがある場合や全身麻酔が必要な場合などでは提携している大学病院などをご紹介致します。その場合もスムーズに治療を受けていただけるよう最大限配慮致します。

手術時の痛みを大幅に軽減

手術時の痛みを大幅に軽減当院では少しでも患者様の痛みを軽減するために様々な工夫をしています。局所麻酔に関しても、極細の針を使用したり薬剤の配分を工夫するなどきめ細かく配慮し可能な限り痛みを軽減致します。
また、痛みが苦手な方は、個別の対応も可能です。ご安心いただくため、お気軽にご相談ください。

保険適用による手術

保険適用による手術当院では、脂肪腫の治療(検査、診断、手術、病理検査など)の全てを健康保険適用で行っています。

手術後の傷跡を目立ちにくくするように心がけています

形成外科は手術による傷痕を目立ちにくく綺麗に仕上げる手術を得意とする診療科です。当院では、形成外科専門医が、患者様の状態に合わせて最適な手法を選択し、細やかな配慮をしながら丁寧に手術を行っています。
手術だけでなく診察においても専門医が詳しく丁寧にご説明します。
日帰りと言っても手術となると不安や疑問をお感じになると思います。少しでも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

※一般社団法人日本形成外科学会認定専門医

手術後の注意点

手術後の注意点手術後、翌日くらいまでは痛みが残る可能性があるため、痛み止めの内服薬を処方します。ただし、当院では手術の際、できるだけ小さく切開するよう心がけています。1㎝以下の小さな傷で済めばほとんど痛みが出ないよう努めています。
なるべく早く、綺麗に傷が治るよう、手術後の生活にも注意が必要です。血行を促進してしまうと出血のリスクが高まります。飲酒や運動は控えましょう。
アルコールを摂取すると明らかに傷の治りが悪くなります。最低手術後3日間、可能ならば1週間は飲酒を控えてください。
運動は、手術当日と翌日は行わないでください。また、運動を控える期間を更に長く取る方が望ましい場合もありますので、ご相談ください。
入浴については手術の翌日からのシャワーが可能な場合があります。
いずれにしても、部位や傷・腫瘍の大きさなどによりこれらの制限の内容や期間は変わってきます。患者様の状態を見ながら医師がしっかりご説明しますので、不安や疑問などありましたら、お気軽にご相談ください。