眼瞼下垂の治療法

当院の工夫

一人一人に合った眼の治療

一人一人に合った眼の治療髪の毛よりも細い糸を用い、丁寧な縫合を行います。傷痕を綺麗に仕上げるだけではなく、痛みを最小限にする工夫も行っています。局所麻酔の痛みを軽減するため、極細針を使用し、注入する薬剤の配合にも配慮しています。通常ほとんど病院では1%もしくは0.5%エピネフリン入りキシロカインを用いますが、これらは酸性(pH3.5~5)に偏っています。7%メイロンを混ぜ、中性に近づける(pH7)ことで、注射時の痛みを軽減します。

手術までの流れ

手術までの流れ医師による診察を行い、眼の状態を診断します。
患者様に合わせた適切な手術方法をご提案し、手術日を決めます。手術法や空き次第で当日の日帰り手術も可能です。
手術後1~2週間は腫れますが、腫れの約80%は1週間で引きます。術後約1週間で抜糸となります。 2週間も経てば腫れはほとんど引きますが、少し腫れ感じが続きます。1ヶ月後に経過観察を行います。

挙筋腱膜前転法(または挙筋短縮法)
緩んだ筋肉の付着部を瞼板に縫い付けます。また余ってしまった皮膚も併せて切除します。
眉下切開
緩んだ皮膚を眉毛の下で切除します。眉毛のすぐ下なので傷痕が目立ちにくいです。
挙筋腱膜前転法+眉下切開
まぶたの皮膚を取るだけだと違和感のある眼になることがあります。患者様の状態に合わせてそれぞれの手術法を併用することがあります。