ケロイド

2021.04.25

耳の大きなケロイド ピアス後のケロイド  ~東京粉瘤日帰り手術クリニック~

今回の症例は耳のピアス後のケロイドです。動画は下に載せています。

 

耳のケロイドについてはこちらに症例と伴に詳しく載せています。

 

今回の症例は今まででは一番大きいケロイドでした。

耳のケロイド 

耳垂の表と裏、耳介に約4㎝程のケロイドがあり、耳介の方のケロイドは数か月経過してから手術をすることとなりました。

耳垂も大きく、耳たぶの形態を維持するのが非常に難しい症例でした。

ケロイドは前回の説明部位にも書きましたが、過剰な治癒になります。ピアスの金属に対するアレルギーや異物反応によりカラダはピアスを排除しようとします。炎症を起こし、赤くなりますが、排除が出来ないために、更に炎症を続けます。大体の患者様は赤くなっても、むしろ、それを隠すようにピアスを付けてしまいます。そのため、更に炎症により組織の破壊が進んでしまいます。

その結果、過剰な治癒が起こり、正常組織を塗りつぶすようにケロイドが広がってしまいます。

手術を難しくするのは正常組織がケロイドに置き換わってしまっているという点です。

そのため、ケロイドをすべて切除すると、大きなケロイドであればあるほど形態が変形します。出来るだけ組織を残しながら切除し、形態を整える工夫が必要になります。

耳はカラダの中でも最も形態が特殊で立体的な部位であるため、手術は非常に難しくなります。また手術が上手くいったとしてもケロイド体質が強ければ再発してしまうこともあります。

そのため、術後の圧迫も非常に大事になります。術後の圧迫用にイヤリングが非常に有用です。

 

今回の症例ではケロイドを一部残して、形態を整えることは非常に困難でしたので、局所麻酔後に耳垂のケロイドを残さずに切除しました。

そのため、縫合にかなり苦慮しました。

シュミレーション後に、一度、横方向に縫合を行い、形態を確認しましたが、耳垂の形態に違和感が出てしまったため、一度糸を外し、縦方向で縫合し直しました。

それでも多少の左右差は出てしまいますが、現状ではこれが限界となります。

大きなケロイドは次回手術となります。

大きいですが根っこの部位は小さいため、形態異常もほとんどなく、手術が可能となると思います。

 

形成外科専門医

古林玄