ブログ

2021.04.21

頸部(首)の粉瘤4㎝大 動画 ~東京粉瘤日帰り手術~

今回の粉瘤は頸部の4㎝大の粉瘤です。動画は下に載せています。

頸部 首の粉瘤

炎症もしており、少し取り辛いことを予想して手術を行います。

また頸部は大血管の走行している部位であり注意が必要です。

術前にしっかりとエコーで血流を確認し、腫瘍との位置関係を明確にします。

炎症も強いため、血管との癒着には注意が必要です。

そのため、腫瘍上に小さい切開を加えることで手術を開始しました。

内容物を取り出します。

被膜の剥離を行いますが、やはりかなり癒着が強く、切除が困難な状態になっていました。少しずつ癒着を剥離し、腫瘍を摘出します。

腫瘍を取った内部は大きな空洞(死腔)が出来るため、16Gサーフローを利用したドレーンを作成し、挿入します。血腫予防になります。

ドレーンは問題なければ翌日抜去します。自己抜去も可能です。

翌日ドレーンを抜去してからシャワーが可能になります。

創部は軟膏をしっかり塗布して、一週間後に抜糸となります。

袋はかなり破れてしまいましたが、残りの袋がないか、最後に確認しています。癒着が強かった証拠ですね。

形成外科専門医 古林玄