ブログ

2021.02.14

お尻の毛巣洞 東京での日帰り粉瘤手術 ふるばやし形成外科粉瘤クリニック

臀部の毛巣洞の写真です。ペンで書いてしまっているので分かりにくくなってしまっていますが、肛門の上から頭側に掛けて炎症が広がっています。

毛巣洞は肛門の頭側の皮膚に生じる事が多いです。体毛が濃い、多毛、長時間の座位により、体毛が皮膚に刺さり、出来ると考えられています。また脇などの毛の多い部位などにも生じます。感染すると炎症が起こり、痛みが出たり、膿が出てきます。そのため痔瘻や化膿した皮膚腫瘍、粉瘤とも間違えられることがあります。意外にも毛巣洞を知らない先生も多いため、毛巣洞の原因の部位に気づかず、頭側の膿を排出している皮膚だけを外科的切除することもありますが、確実に再発してきます。

炎症を繰り返すことにより、皮膚の中にばい菌の巣のようなものが出来てしまい、定期的に腫れ、座る事も難しくなります。炎症によりどんどん広がり切除も困難になるため、早めの切除が非常に重要になります。

 

今回の症例は毛巣洞により何度も腫れを繰り返し、皮膚の中で腫瘍が広がり、4か所で腫れを繰り返し、膿を排出しています。手術により原因の毛巣洞を切除し、膿を排出する皮膚とばい菌の巣を同時に摘出しています。今回は皮弁を小さく作製し、創部の閉創を行っています。小さい状態であればそのまま閉創できる事が多いですが、大きい場合にはやはり皮弁による手術が必要になることもあります。大きいものは入院が必要になる場合もあります。

毛髪が多かったり、濃い場合に出来やすいため、繰り返す場合には脱毛により予防をすることもあります。

 

形成外科専門医 古林玄