こぶのような粉瘤と、類似疾患について

こぶのような粉瘤

こぶのような粉瘤皮膚にできるこぶ状のしこりには、粉瘤の他にもガングリオン・脂肪腫などがあります。粉瘤は皮膚の下に袋状の組織ができ、そこに皮脂や垢などの老廃物がたまった良性腫瘍で、肌を隆起させるほど大きくなったりや臭いを発したりします。炎症を起こすと腫れや痛みを伴うこともあります。ガングリオンや脂肪腫は症状や大きさなどによりますが、無理に手術などの治療をする必要はありませんが、粉瘤は手術でしか根治できず、悪化しやすいため早めの治療がおすすめです。

粉瘤、脂肪腫、ガングリオンの違い

ガングリオン:ゼリー状のこぶ

ガングリオンの内容物はゼリー状の液体で、主に関節周囲に生じます。20歳~50歳が発症しやすく、若い女性の発症が多いとされています。ガングリオンの大きさ様々で米粒ほどものから、ピンポン玉くらいになることもあります。ガングリオン自体は痛みを生じませんが、神経を圧迫し痛みやしびれといった症状を引き起こすことがあります。
動作の邪魔になる・衣類を引っかけてしまう・痛みやしびれを起こしている・肌が隆起し見た目が気になるといった場合には治療を行います。注射針で内容物を排出する保存的治療と手術で摘出する根治治療があります。当院では患者様の状態やご要望に合わせて最適な治療方法をご提案しています。

脂肪腫:脂肪によるこぶ

脂肪腫は皮下に発生する腫瘍で最も多く、大きさは数㎜のものから10㎝を超えるものまで様々です。発生部位としては背中や肩、首が多く、次いで臀部、上腕や大腿に多く現れます。痛みはなく、皮膚がドーム状に隆起し、ゆっくりと大きくなります。ほとんどの脂肪腫は幼い頃既にできていると考えられていますが、極めてゆっくりと成長するため何十年も経過してから発見されることが多いようです。動きや日常生活に支障がなければ無理に治療する必要はありません。ただし、大きなものは稀に悪性の場合があるため、皮膚の下にしこりを感じたら一度受診することをおすすめします。なお、脂肪腫は手術でしか治すことができません。

粉瘤:放置すると悪化する可能性があるこぶ

粉瘤はしこりやふくらみを感じるこぶの一種で、皮膚の下にできた袋状の組織に皮脂や垢などの老廃物がたまってできる良性腫瘍です。老廃物がたまる袋状の組織は表皮の変形によってできたものなので、身体中どこにでもできる可能性があります。
粉瘤の場合、巨大化や独特な悪臭の発生、炎症による痛みや腫れなどの症状を生じる可能性がありますので、こぶに炎症が起きている場合には粉瘤の可能性が高いと言えます。粉瘤は手術以外で根治することができません。巨大化したり、炎症により大きく腫れたりした後では綺麗に治すことが難しくなりますので、気づいたら早めに治療を受けていただくと安心です。

粉瘤、脂肪腫、ガングリオンを見分けるポイント

粉瘤とガングリオン:発生部位で見分ける

ガングリオンは関節の周辺に多く、粉瘤は間接以外にもできるため、発生した部位である程度の見分けがつきます。ただし、関節周辺に粉瘤ができることもあるため、正確な診断には医療機関を受診いただく必要があります。

粉瘤と脂肪腫の違い:見た目や触感で見分ける

脂肪腫と粉瘤ともに身体中どこにでもできる可能性があるため、発生部位で見分けることはできません。ただし、見た目である程度見分けることはできます。脂肪腫は皮膚の深い層にできるため、色に変化がなく肌が隆起しています。粉瘤は皮膚の浅い層にできることが多いため、内容物が透けて全体が青黒く、開口部が黒い点に見えることが多いです。ただし、発生部位や状態によって見た目が様々ですので、気になる場合は医療機関を受診して診断を受けましょう。

この症状が現れたら粉瘤です

この症状が現れたら粉瘤です粉瘤は内部の老廃物が独特の悪臭を発することがあります。患部が圧迫され内容物が体外に出てると強い臭いを生じます。また、炎症を起すと内容物が出ていなくても臭いを発することがあります。化膿がひどくなると臭いもより強くなります。ガングリオンや脂肪腫にはこうした臭いがないため、独特の臭いがしたら粉瘤の可能性が高いと言えます。
粉瘤は炎症が進むと痛みが強く出ます。臭いも気になるでしょうから、気付いたら可能な限り早く治療を受けることをおすすめします。