ブログ

2021.06.01

大腿部の大きい脂肪腫 ~東京粉瘤日帰り手術クリニック~

本日の症例は大腿部の脂肪腫です。約10㎝程の大きな腫瘍です。動画は下に載せています。

脂肪腫についてはこちらを参照して下さい。

脂肪腫が背部にあるか腹側にあるかで取りやすさが変わります。

背部か腹側の大きな差は寝るときに圧迫されているか、されていないかです。脂肪腫は背部や圧力が加わる場所にあると、長い年月を掛けて組織の破壊が起こります。

それによる修復と破壊を繰り返し、腫瘍は癒着が強くなってしまいます。そうなると、手術時に切開範囲を広げたり、癒着部を切除する際に出血があったりして、血腫の可能性も上がってしまいます。要は合併症の確率が上がり、傷も大きくなります。

同様に腫瘍をマッサージしている人も癒着が強くなります。そのため、出来る限り腫瘍をマッサージするのはやめてください。

 

今回の腫瘍は体の表側にあり、刺激があまり加わっていないため、癒着は少なそうな印象です。

腫瘍に切開ラインは大きくデザインしましたが、実際の切開範囲は2,5㎝程です。

癒着が少ない場合には指が入れば、容易に摘出が出来ます。

腫瘍を指で剥離するのは出来るだけ無理な切除を避け、出血を少なくするためです。

今回も容易に摘出することが出来ました。

創部は念のため血腫予防のために16Gサーフローを挿入します。

 

5-0吸収糸で創部を縫合して、手術を終了しています。

 

形成外科専門医 古林玄